2012年06月17日

株取引には、お金はいくら必要?

実際にお金はいくら必要か?というと、『株価×売買単位+手数料』ですね。
A企業の株価が、1,000円で売買単位が100株としましょう。手数料は735円とします。

1,000円×100株+735円=100,735円が必要です。
A企業の株を購入したいときには、上記金額が証券会社に入金されている必要があります。
もちろん、株価は日々変動しているので、購入するまでの間に高くなったり安くなったりと考えられます。
必要資金は、何千円〜何百万円まで、銘柄により色々あります。証券会社に払う手数料は、購入できたときのみ支払いです。『指値』で注文出していて、購入できなくても手数料は必要ありません。

■ 資金は、どのくらい?

株式は余裕資金で運用が絶対条件です。と言っている、私が生活費で株をやっていたので説得力はありません。しかし、実践してみて、やはりそうでした。株式は余裕がなくては勝てません。
借金をしてまで、株式をする必要はないです。借金の利子を上回る利益を上げないといけないというストレスは、それだけでマイナス材料です。

それで実際資金は、30万円あれば、とりあえず出来ます。まあ、多い資金があればこの限りではありません。資金があればチャンスも増えます。
『ミニ株』ならば、10万円でも良いですが、なんといっても利益が少ないので、手数料代を稼ぐだけでも株価がけっこう上がらないと元を取れないので、お勧めできません。

100万円以上の余裕資金があれば、積極的な株式が出来ます。もちろん100万円以上の株式もありますが、ほとんどの株式は100万円あれば購入できますので、『せっかく選んだ株が資金不足で買えない』ということもないと思います。
posted by テベス at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。