2011年06月04日

レンタルサーバーサービスとは何でしょう?

レンタルサーバーサービスとは、インターネット上で情報発信するために必要な環境上にあるコンピュータ(=サーバー)のディスク容量を貸し出すサービスで、ホスティングサービスともいいいます。

機能によって以下のようなサーバーの集合体もしくは一部を提供するサービスです。

◆ウェブサーバー:ウェブを通じた情報発信をする機能を備えたサーバー
◆メールサーバー:メールの送受信をするための機能を提供するサーバー
◆ネームサーバー:インターネット上の住所録(のようなもの)を提供するサーバー
◆FTPサーバー・ファイルサーバー:ファイル置き場として保存したり、読み出したりする機能のあるサーバー
◆データベースサーバー:データベースを利用したデータの管理機能を提供するサーバー。
一般的には、蓄えられたデータはウェブサーバーを通じて閲覧します。

よくある質問として、レンタルサーバーの契約をしたらプロバイダとの契約は要らない?というものがあります。
結論は「全く別物であり要ります。」

レンタルサーバーサービスはスペースを貸してくれるサービスであり、プロバイダサービスは、電話回線やISDN回線、データ通信専用回線などを通じて、企業や家庭のコンピュータをインターネットに接続するサービスです。

プロバイダ会社は付随サービスとして、メールサーバーサービスの一部であるメールアドレスの提供やウェブサーバーサービスの一部であるホームページスペースの提供を行っていることが多いので混同しやすいものと思います。

しかし、これらの付随業務はあくまでも「付随」であり、レンタルサーバー会社の提供するサービスと同等を求めることは困難です。

レンタルサーバー(ホスティング)会社が提供するサービスがレンタルサーバーサービスであり、サーバーを借りること・貸すことをサーバーレンタルということがあります。

初心者の方におすすめのサーバーは月額105円から利用できるroripoppuがいいですね。
posted by テベス at 20:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。